Home > 新着のお知らせ一覧 > 無事終了!12月8日開催!第32回今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患(Part1)Again!

新着のお知らせ

無事終了!12月8日開催!第32回今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患(Part1)Again!

第32回今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患(Part1)Again!

日時 : 12月8日(日曜日)
10:00-17:00まで 9:30より受付開始
今回の内容


第32回Workshopは第31回とほぼ同じ内容です。
膝関節は中枢側は股関節から末梢は足関節からの双方から影響を受ける関節です
言い換えるなら受け身の関節と言っても良いかもしれません。
膝関節疾患の理学療法を展開するためにはアライメントの評価が最重要です、
しかも3次元的にとらえる必要があります、
「膝関節ほどアライメントを重要視しなければいけない関節はない」と
言っても過言ではありません。FTAだけでは当然もの足りません、
FTA以外にも膝アライメント評価するスタンダードな方法はいくつかあります、
しかし、それらを理学療法と関連づけて臨床展開できていますか?
本ワークショップの膝シリーズではそれらの臨床応用と
基本的な治療展開の方法を紹介します。
Part1での座学の対象疾患は変形膝関節症、
外傷性膝蓋関節脱臼、膝関節部の骨軟骨骨折、大腿骨顆上・顆部骨折、
膝蓋骨亜脱臼・脱臼、膝蓋大腿関節症、大腿骨顆上・顆部骨折、膝蓋骨骨折等を
予定しています。
実技は主に骨関節系に対する標準的な理学療法を紹介します。
注意) Part1を受講してからPart2を受講すること原則とします。
理学療法士、作業療法士の先生方ならどなたでも参加可能です。
理学療法士協会「専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会承認中」
講師 :

Body Logic研究会-shiroPiTa.Lab- 代表 城下貴司
専門理学療法士(運動器)
認定理学療法士(スポーツ、運動器)
Certificate in Orthopaedic Manual Therapy(in Australia)

学士号(工学)修士号(体育学)博士号(スポーツ科学)

会場 :

カントリーハーベスト北本
桶川駅より無料送迎あり(希望者)

送迎希望者は申し込む際に備考欄にその旨記載して下さい

駐車場あり

講習会費 :

8000円 定員20名程度
先着順!定員になり次第締め切ります