Home > 新着のお知らせ一覧 > 無事終了!2020年8月9,10日に開催延期! アナトミートレインに基づいた新たな軟部組織モビライゼーション!国際公認コース ERGON® IASTM® (FM1)

新着のお知らせ

無事終了!2020年8月9,10日に開催延期! アナトミートレインに基づいた新たな軟部組織モビライゼーション!国際公認コース ERGON® IASTM® (FM1)

新たな軟部組織モビライゼーション! 国際公認コース ERGON® IASTM (FM1) seminar

 

日時 :

2020年5月3日日曜日 9:00から17:00(予定)まで

 2020年5月4日月曜日(祝日) 9:00から17:00(予定)まで

→2020年8月9日(日)、10日(祝日)に延期します。

8月9日  10:00から18:00(予定)まで

8月10日  9:00から17:00(予定)まで

このワークショップの申し込みはこちらか

内容 :

 IASTMとはInstrument Assisted Soft Tissue Mobilizationの略です。IASTMは伝統的にグラストンテクニックが代表的ですが、現在ではグラストン以外も複数存在し、以前から展開されてきた治療手技の一つです。 

 しかしながら、論文的背景がないにもかかわらず、講習会だけ先行しているものが多数占めています。それらの講師もマニュアルセラピーに対する基本的な知識が十分とはいえない状態で講習会だけ先行しているが本邦の現状です。IASTMの中で唯一論文的背景があるのが、今回ご紹介するERGON® IASTMです。

 ERGON® IASTM Technique の軟部組織モビライゼーションの起源はインディバという物理療法およびトムマイヤーが考案したアナトミートレインの2つの考え方を統合してDr Fousekis先生らが2015年に考案されました。さらに医学の起源であるギリシアでは古代からツールを使用した治療があったそうです。

 本邦で広まっているIASTMは米国由来のものが多数占めていますが、ERGON® IASTM Techniqueはヨーロッパを中心に展開されています。病院、クリニックはもちろん、プレミアリーグのサッカーチームをはじめとするスポーツクラブ、オリンピックアスリートのスポーツリハビリなどでこの考え方を採用されています。

 創始者であるDr Fousekis先生による日本でのワークショップが昨年おこなわれました。本ワークショップはそのワークショップを継続するものです。昨年受講できなかった先生、もう一度受講したい先生ウエルカムです。

受講後はErgonプロバイダーとして国際公認されます。
様々な情報サービスの提供や更なるスッテプを踏めます。

受講だけで終了するコースではありません。受講者のフォローアップもしてます

 

理学療法士協会「専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会承認申請中!」

講師 :

BodyLogic研究会 代表 城下貴司
Ergon IASTM公認 国際指導者
専門理学療法士(運動器) 認定理学療法士(スポーツ)
Certificate in Orthopaedic Manual Therapist
Certificated Mulligan Practitioner
NSCA Certified Personal Trainer
Certified Strength & Conditioning Specialist
学士号(工学) 修士号(体育学) 博士号(スポーツ科学)

 

会場 :

コミュニティ・スペース 旭通り

JR国立駅南口より徒歩3分!

旭通り沿い

コミュニティ入口.JPG

 

講習会費 :

50000円 (再受講者25000円)
ワークショップ中のIASTMツールは無料貸出し可します

ツール販売(通常価格69800円税別)も来ないます
ワークショップ中の販売に限り特別価格で販売します。
→NPO法人会員は50%オフ(34900円税別) 
 非会員は40%オフ(41880円税別)となります
ワークショプ後は通常価格となりますのでご注意ください。

今回の定員:10名限定
先着順!定員になり次第締め切ります

このワークショップの申し込みはこちらか

備考:

全身の軟部組織モビライゼーションをします。

頚椎、肩、大腿部等を出しやすい服装で受講お願いします。