Home > 新着のお知らせ一覧 > 無事終了!2020年6月28日 オンライン開催! 第107回 今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患-Part1‐(主に脛骨大腿関節 理論編)

新着のお知らせ

無事終了!2020年6月28日 オンライン開催! 第107回 今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患-Part1‐(主に脛骨大腿関節 理論編)

今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  膝関節疾患-Part1‐(主に脛骨大腿関節 理論編)

日時 :

2020年3月8日→4月12日(日)→5月17日6月28日に再度延期します→新型コロナウィルス感染対策として再三の変更で大変恐縮です。しかし今度はオンライ開催をします!これ以上の延期ありません! 6月28日から5日間 何度でも視聴できます!交通費かかりません!

ワークショップの申し込みこちらから

今回の内容 :
膝関節は中枢側は股関節から末梢は足関節からの双方から影響を受ける関節です
言い換えるなら受け身の関節と言っても良いかもしれません。
膝関節疾患の理学療法を展開するためにはアライメントの評価が最重要です、
しかも3次元的にとらえる必要があります、
「膝関節ほどアライメントを重要視しなければいけない関節はない」と
言っても過言ではありません。FTAだけでは当然もの足りません、
FTA以外にも膝アライメント評価するスタンダードな方法はいくつかあります、
しかし、それらを理学療法と関連づけて臨床展開できていますか?
回旋の考え方も混乱してることは否定できません。
本ワークショップの膝シリーズでは
それらの臨床応用と基本的な治療展開の方法を紹介します。
Part1での座学の対象疾患は変形膝関節症、
靱帯損傷(ACL,PCL,MCL等)、大腿骨顆上・顆部骨折、
大腿骨顆上・顆部骨折、、膝蓋骨骨折等を予定しています。
実技は主に脛骨大腿関節に対する標準的な理学療法を紹介します。
理学療法士、作業療法士および言語聴覚士の先生方ならどなたでも参加可能です。
理学療法士協会「専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会承認中」
東京都理学療法士協会後援(申請中)
動画を視聴後、アンケートとショートクイズをご提出ください。受講証明書を発行いたします
講師 : BodyLogic研究会 代表 城下貴司
専門理学療法士(運動器) 認定理学療法士(スポーツ)
Certificate in Orthopaedic Manual Therapist
Certificated Mulligan Practitioner
NSCA Certified Personal Trainer
Certified Strength & Conditioning Specialist
ErgonIASTM公認 国際指導者ライセンス取得
学士号(工学) 修士号(体育学) 博士号(スポーツ科学)
会場 :

セキュリティーが確保されたインターネットがつながる場所

公共の場や外部の者が見える環境では絶対にアクセスしないで下さい。

(より高速にインターネットができる環境を推奨)

講習会費 :

研究会会員7000円 非会員10000円

ワークショップのお申し込みこちらから