Home > 新着のお知らせ一覧 > 無事終了!2019年3月17日 開催決定! 第99回 今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術 手・手関節疾患

新着のお知らせ

無事終了!2019年3月17日 開催決定! 第99回 今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術 手・手関節疾患

今さら聞けない!運動器系理学療法の理論と技術  手・手関節

日時 : 2019年3月17日(日曜日)
10:00-17:00まで 9:30より受付開始
今回の内容 :

 

久しぶりに、手、手関節疾患を開催します。

手・手関節までPTOTの視点で運動学的に評価治療できていますか?

例えば、ばね指はどうしてますか?

座学の対象疾患は、伸筋伸筋腱損傷、手根不安定症、尺骨突き上げ症候群、三角線維軟骨複合体損傷
狭窄性腱鞘炎、キーンベック病、コーレス骨折、スミス骨折 、バートン骨折
舟状骨骨折、月状骨脱臼、月状骨周囲脱臼、ベネット骨折
Galeazzi脱臼骨折、Monteggia脱臼骨折等の疾患を予定しています。

実技は、PTOTの考え方の中心である関節運動学的な視点から

かつ臨床的な特徴も手・手関節にはあります。

単なる関節可動域とMMTの検査だけでは多くの情報を見逃します。

各々の疾患の基礎知識とその傾向も併せて持って評価しなければ

多くの大切な情報を見逃します。

本ワークショップでは手・手関節疾患の臨床的傾向から評価、治療の考え方を紹介します。

 

久しぶりの開催です。以前と比較して様々な文献報告が出てきました。

それらの報告も紹介していきます。

どうぞご期待ください。

 

理学療法士、作業療法士の先生方ならどなたでも参加可能です。

理学療法士協会「専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会承認中!」

 

 

講師 :

Body Logic研究会  代表 城下貴司
専門理学療法士(運動器)
認定理学療法士(スポーツ)

Certificated Orthopaedic Manual Therapist (in Manual Concepts)

Certificated Mulligan Practioner

学士号(工学)修士号(体育学)博士号(スポーツ科学)

会場 :

BodyLogic研究会 国立フィジオ研究所
東京都国立市北1-5-1 なるせビル地下1階
JR国立駅 徒歩2分

講習会費 :

7000円(会員) 10000円(非会員)

定員21名 先着順!定員になり次第締め切ります