Home > 新着のお知らせ一覧 > 2016年はやります!「今さら聞けない!呼吸器・循環器系理学療法の理論と技術」

新着のお知らせ

2016年はやります!「今さら聞けない!呼吸器・循環器系理学療法の理論と技術」

始まります!「今さら聞けない!呼吸器・循環器系理学療法の理論と技術」

2016年は 内部障害!やります!

お待たせしました。運動器、脳卒中の次は、、、内部障害!


今さら聞けない!呼吸器・循環器系理学療法の理論と技術 シリーズ

<Workshop Concept>

理学療法の対象者の多くは高齢であり、骨折や中枢神経疾患であっても呼吸器・循環器の機能を評価できる能力は必須と言えます。本ワークショップでは 肺、心臓、骨格筋の機能によって規定される酸素搬送系の仕組みを理解し、呼吸器や循環器の障害があっても安全かつ効果的に運動療法を実施するための知識と 技術の習得を目指します。なお、本ワークショップは科学論文を読み説くための統計学についても簡単に解説いたします。

<内容:呼吸器・循環器は3部構成!>

3部構成・10:00~17:00頃まで

Part 1.【呼吸器】呼吸器疾患の病態理解と理学療法

1)酸素搬送系における呼吸機能の役割(解剖学・生理学)

2)呼吸器疾患の病態と治療(主にCOPD)

3)呼吸器疾患のフィジカルアセスメント

4)呼吸器疾患の運動療法

5)呼吸器疾患の生活指導

Extra)統計学~文献検索~


Part 2.【循環器】循環器疾患の病態理解と理学療法

1)酸素搬送系における心大血管機能の役割(解剖学・生理学)

2)循環器疾患の病態と治療(主に心筋梗塞)

3)循環器疾患のフィジカルアセスメント

4)循環器疾患の運動療法

5)循環器疾患の生活指導

Extra)統計学~解析手法①~


Part 3.【骨格筋】呼吸器・循環器疾患と骨格筋

1)酸素搬送系における骨格筋の役割(解剖学・生理学)

2)呼吸器・循環器疾患における骨格筋委縮と栄養障害①

3)呼吸器・循環器疾患における骨格筋委縮と栄養障害②

4)呼吸器・循環器疾患のレジスタンストレーニング

5)呼吸器・循環器疾患に対する身体活動向上のためのアプローチ

Extra)統計学~解析手法②~


<タイムテーブル>

1)10:00~11:00

2)11:10~12:10

3)13:30~14:30

4)14:40~15:40

5)15:50~16:50


<講師>

北里大学メディカルセンター病院リハビリテーションセンター

米澤 隆介 先生

専門理学療法士

医学博士号


<2016年度スケジュール:変更あり>

5月8日

第1回今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part1

【呼吸器】呼吸器疾患の病態理解と理学療法

7月17日
第2回 今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part1 Again!

【呼吸器】呼吸器疾患の病態理解と理学療法


10月10日 第3回今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part2

【循環器】循環器疾患の病態理解と理学療法
11月23日 第4回今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part3 Again!

【循環器】循環器疾患の病態理解と理学療法


2月11日 第5回今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part3

【骨格筋】呼吸器・循環器疾患と骨格筋
3月21日 第6回今さら聞けない!呼吸器・循環器 Part3 Again!

【骨格筋】呼吸器・循環器疾患と骨格筋