Home > 新着のお知らせ一覧 > 無事終了!2015年6月13日ナイトワークショップ開催!「今さら聞けない!テーピングChapter1 超基礎!」Again!

新着のお知らせ

無事終了!2015年6月13日ナイトワークショップ開催!「今さら聞けない!テーピングChapter1 超基礎!」Again!

今さら聞けない!「テーピング Chapter1 超基礎!」Again!

Body Logic研究会では運動器疾患に携わる理学療法士および作業療法士のベースラインを作ることを目的とします。普段は週末に「今さら聞けない運動器系理学療法シリーズ」を随時開催しておりました。

今回はテーピング技術のナイトワークショップを企画しました。

週末ワークショップでは、時間の関係で割愛してしまった内容、もう一度確認したい内容、しばらく開催していないワークショップ、実際に臨床での疑問など、短い時間で焦点を絞って行いたいと思います。まずは「テーピング」を開催します。ご興味のある先生方、参加お待ちしております。

医療現場では足関節と膝関節であれば絆創膏固定として保険点数が認められていると思われます。医療人として絆創膏固定が処方できることをゴールとします。


日時 : 2015年6月13日(土曜日)

19:00-21:30頃まで 18:30より受付開始


テーピングシリーズの構成:

Chapter1 超基礎!

Chapter2 超基礎Part2!

Chapter3 前距腓靱帯損傷

Chapter4 踵腓靱帯、二分靱帯損傷

Chapter5 遠位脛腓靱帯損傷

Chapter6 アキレス腱周囲炎

Chapter7 シンスプリント その他


今回の内容(テーピングシリーズChapter1 超基礎) :

まず初回としてテーピングの基礎の基礎からはじめます。

現在、本邦で行われているテーピング手技(絆創膏固定)の医学的役割は?

テーピングの持ち方、切り方から巻き方から、

アンダーラップの巻き方のコツ、どうしたら適切に巻けるか?

どのようにテンションをかけるのか?そのときのテープの持ち方は?

背屈誘導、内外転誘導、回内外誘導するには?

特に理学療法士として運動学的見地からどのようなことに注意すべきか?等々を

講義と実技をします。

テーピング技術をまず習得したい先生方、Welcome!

講師 :

Body Logic研究会-shiroPiTa.Lab- 代表 城下貴司

専門理学療法士(運動器)

認定理学療法士(スポーツ)

Certificated Orthopaedic Manual Therapist (in Manual Concepts)

Certificated Mulligan Practioner

学士号(工学)修士号(体育学)博士号(スポーツ科学)


会場 :

国立フィジオ研究所

国立市北1-5-1なるせビル地下1階

国立駅北口 徒歩2分!


受講費 :

2800円(テーピング代別) 定員15名程度

先着順!定員になり次第締め切ります

テーピングも販売もしますが、

持参できる先生は持参お願いします

ホワイト38mmとアンダーラップを使用します

理学療法学科、作業療法学科の学割は半額